やすらぎの郷のあらすじネタバレストーリー

テレビ朝日の昼ドラマ、帯ドラマ、やすらぎの郷のあらすじネタバレストーリーを紹介して行きます

やすらぎの郷 あらすじ・ネタバレ・ストーリー 第114話

やすらぎの郷 あらすじ・ネタバレ・ストーリー 第114話

テレビ朝日系の昼ドラマ やすらぎの郷
あらすじ・ネタバレ・ストーリー 第114話
を簡単に紹介させて頂きます

 

      スポンサーサイト


テレビ朝日の昼ドラ やすらぎの郷 〓 

第114話
【ネタバレ・あらすじ・ストーリー】

本葬は東京で行われることになり
多くの人たちが出発します

    (楽天サイト提供)

菊村栄 (石坂浩二)は静まり返った
やすらぎの郷』で追悼文の執筆
に取り掛かるのですが

思いがけず名倉修平(名高達男) に
誘われて

高井秀次(藤竜也)、白鳥洋介(上條
恒彦)と共にサロンで話をする事に

そこで、及川しのぶ (有馬稲子) が
置いていったという一冊の詩集の
存在を知ります

やすらぎの郷〈上〉 第1話〜第45話 [ 倉本 聰 ]   
楽天サイト提供) 

 

テレビ朝日の昼ドラ やすらぎの郷 〓 

第114話
【ネタバレ・あらすじ・ストーリー】


最後までお読み頂き有難うございました
良かったらポチッと応援宜しくお願い致します
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

 

      スポンサーサイト